お笑いの雑学

「スベる」「ダダスベリ」の意味

「スベる」「ダダスベリ」の意味

お笑い用語の一つに「スベる」という言葉がある。

もともとはお笑い業界の専門用語で、「ギャグやネタを披露したあと笑いが生じない」ことを意味する。

この「スベる」とは、「滑る」に由来し、1990年代、上方芸人の世界で使われるようになり、今では一般社会でも「スベってる」「スベった」などと普通に使用される(「スベる」の対義語として、「ウケる」がある)。

また、スベることを逆に利用し、スベった結果としていったん変な空気にすること(あるいはツッコミが入ること)で笑いが生じる、という形を「すべり芸」と呼ぶ。

ただし、「すべり芸」には賛否両論あり、本人は面白いと思って行なっているのに、結果としてスベって笑いになる、という場合もある。

一方、スベったあとの空気を自身のリアクションで処理することによって笑いに変える芸人もいる。

お笑い界には「スベリ芸」という不思議な言葉がある。芸人は人を笑わせることを職務としているはずなのに、笑わせるのに失敗してしまうこと、すなわち「スベること」を芸と呼ぶのはいかにも不自然な感じがする。

だが、スベリ芸を売りにしている芸人は存在する。実際には、スベること自体が面白がられているというよりも、その後の本人のリアクションや、共演する芸人の手厚いフォローなどによって、結果的に笑いが起きていることが多い。掟破りの「スベリ芸」がかろうじて成立しているのはそのためだ。

出典 : 岡田圭右「スベリ芸」で売れた異色の芸能人生|東洋経済

この「スベる」の最上級で、思いっきりスベった状態を「ダダスベリ」と言う。

スベって、スベって、もはや誰も笑う気配のない状況などを、「ダダスベリした」「ダダスベリだった」と表現する。

それは、ドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ系)の主演・田村正和(76)のモノマネを披露したときのこと。メンバーの反応が冷たかったため、向井は「昨日、モノマネする収録でダダスベリしてんだからやめてくれよ!」と逆ギレ。

メンバーたちの笑いを誘っていた。これを見たSnowManファンはさっそくツイッター上で「モノマネする収録でスベったのって、ウチガヤだよね?」などと、収録した番組は『ウチのガヤがすみません!』だと考察していた。

出典 : Snow Man向井康二、モノマネ披露も自他ともに「ダダスベリ」赤っ恥!|日刊大衆

今回の企画について「ダダスベリの可能性あるし、大ウケの場合もある」と語る蛍原だが、スタッフに「どちらの可能性が高いか?」と聞かれて、笑顔で「ダダ!!」と答えている。

出典 : “思いついたコトすぐ言いたい芸人”がひな壇に集結|お笑いナタリー

ダダスベリという言葉も、お笑い界だけでなく、割合に一般化されている。

ただ、いつから言われるようになったか、言葉の由来や、ダダスベリのダダの意味はよくわかっていない(ダダダッとスベる、というニュアンスなのかもしれない)。

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.