お笑いの雑学

がや芸人とは〜意味や由来、メンバー一覧〜

がや芸人とは~意味や由来、メンバー一覧~

意味と由来

お笑いの世界で「ガヤ」や「ガヤ芸人」という言葉が使われることがある。

ガヤとは、バラエティ番組などで「その他大勢」のポジションから、ツッコミを入れたりリアクションで場を沸かせるなど、「賑やかし」を行うことを意味し、こうしたガヤを行う芸人、あるいはガヤが得意な芸人を、「ガヤ芸人」と呼ぶ。

もともと、ガヤは、アニメーションのアフレコや洋画の吹き替えの世界で用いられていた言葉で、メインのシーンの背景の声、たとえばスタジアムでの客の歓声や学校での運動場の掛け声のような、その他大勢の「がやがや」した台詞の声を、「がやの仕事」と呼んでいた。

お笑いのガヤも、この「ガヤガヤ」した台詞の声の仕事に由来する。

さて番組レギュラーでの自分の課題は、まず毎回振られるその他大勢の役をどう演じるかです。メインキャラではないので大筋には関わらない。しかし同じ世界にいてある程度会話をする。

特に今の少人数での収録だと台本上の自分のセリフはすぐに終わってしまい、ほとんどがガヤと呼ばれるシーンの裏で流れる喧騒や話し声がメインになります。

状況をちゃんと把握していないとできません。以前あるアニメを見た時、一言だけ喋る村人でその世界の雰囲気が伝わる事を実感しました。その他大勢がしっかりしていないと物語の雰囲気が崩れるのです。

この作品のディレクターであるFさんも、「ガヤが上手くないとメインキャラはできない」と言っています。たぶんちゃんと作品を理解していないとできないという意味なのだと思います。

出典 : ガヤの大切さ!吹替レギュラーのお仕事!

物語の空間が、ガヤによっても立ち上がり、「ガヤが上手くないとメインができない」、全体を理解していないとしっかりしたガヤもメインもできない。

この話は、お笑いでも当てはまるかもしれない。

それでは、一体いつ頃からお笑いの世界で、「ガヤ」や「ガヤ芸人」という言葉が使われるようになったのだろうか。

きっかけは、お笑いコンビよゐこの濱口だと言われている。

アニメ作品に声優として出演していた経験もあった濱口が、めちゃイケの番組内で、隠しカメラによって撮影されていた、バラエティでメインとして扱われないことに不満を漏らしたことが暴露された際の発言から、「ガヤ」がお笑いの世界でも広まっていったとされる。

また、『アメトーク』では、2008年11月20日に第1回『ガヤ芸人』の企画が行われている。

メンバー一覧

ガヤ芸人というと、ガヤを任される芸人全般を意味するだけでなく、ガヤが得意な芸人を指す場合もある。

主なガヤ芸人(ガヤが得意でよく任される芸人)のメンバー一覧としては、以下の芸人たちが挙げられる。

アメトーク(第1回、および第2回の『ガヤ芸人』出演者より)

  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • 品川祐(品川庄司) ,
  • 庄司智春(品川庄司)
  • 設楽統(バナナマン)
  • 山崎弘也(アンタッチャブル)
  • 柴田英嗣(アンタッチャブル)
  • 岡田圭右(ますだおかだ)
  • 河本準一(次長課長)
  • 箕輪はるか(ハリセンボン)
  • 近藤春菜(ハリセンボン)

うちのガヤがすみません(レギュラーガヤ芸人)

  • チョコレートプラネット
  • フワちゃん
  • 相席スタート
  • ヒコロヒー
  • 鬼越トマホーク
  • なすなかにし

この番組では、他にも多数の若手ガヤ芸人たちが出演している。

ひな壇芸人との違い

よく「ひな壇芸人」という言葉が使われることもある。

ひな壇芸人とは、雛人形と同様に階段状の座席に着席していることが多いことに由来し、ガヤ芸人と違いはほとんどなく、同じ意味と言ってもいい。

代表的なひな壇芸人のメンバーとしては、たとえばWikipediaでは以下の芸人たちの名前が挙がっている。

  • 関根勤
  • 勝俣州和
  • カンニング竹山
  • 土田晃之
  • ケンドーコバヤシ
  • 陣内智則
  • ビビる大木
  • FUJIWARA(藤本敏史・原西孝幸)
  • 出川哲朗
  • 岡田圭右(ますだおかだ)
  • 吉村崇 (平成ノブシコブシ)
  • 澤部佑(ハライチ)
  • 尾形貴弘(パンサー)

ただし、ひな壇芸人にもスタイルに種類があり、その一つとしてガヤ芸人という分類もある、というほうが適切と思われる。

品川庄司の品川は、ひな壇芸人に関して、「裏回し型」「天然・自由演技型(いじられ役)」「ガヤ芸人」という風にスタイルを分類している。

複数のスタイルや役割をこなす芸人もいる。

かつてひな壇芸人として活躍し、今ではMCをこなす芸人には、今田耕司、東野幸治、フットボールアワー、オードリー、山里亮太(南海キャンディーズ)、おぎやはぎなどが挙げられる。

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.