お笑いの雑学

お笑い「シュール」の意味とは

お笑い「シュール」の意味とは

お笑いの世界で、「シュール」という、ジャンルのような、ある評価の視点のような言葉がある。

めっちゃシュール、ほんとシュールな笑いだよね、といった表現は、お笑いや芸人の世界だけでなく、日常でもよく使われる。

しかし、お笑いにとって「シュール」とは、と考えると、意外とその定義は難しく、感覚的に使っていることが多いように思う。

シュールという言葉は、もともとフランスの「シュルレアリスム」に由来する。これは「超現実主義」という意味で、1920年代にフランスで興った前衛文学芸術運動の際に使われた言葉である。

英語では、「シュールリアリズム(実際の発音は少し違うので、和製英語的な発音になっている)」と言う。

第一次世界大戦後に、芸術運動ダダイズムの流れを汲み、詩人のアンドレ・ブルトンが「シュルレアリスム宣言」を行なった。

ブルトンによれば、「理性によるいっさいの制約、美学上、道徳上のいっさいの先入観を離れた、思考の書きとり」と定義している。

既存の枠組みから外れ、またフロイトの影響も受けているので、深層心理を表現した、夢のような世界、奇妙で不条理な、超現実感が、シュルレアリスムの表現の特徴と言える。

このシュルレアリスムが転じて、「シュール」という言葉も使われるようになる。

シュルレアリスムの代表的な画家としては、キリコ、サルバドール・ダリ、ルネ・マグリットなどがいる。

ダリサルバドール・ダリ『記憶の固執』 1931年

マグリットルネ・マグリット『観念』 1966年

現実的な空間とは違う、奇妙な、しかし、必ずしも「非現実的」ではなく、夢や深層心理を描いたような「超現実的」な世界が、シュルレアリスムと言える。

また、シュルレアリスムの走り的な芸術運動として、既存の秩序や常識を破壊する「ダダイズム」があり、ダダイズムの代表的な芸術家に、マルセル・デュシャンがいる。

マルセル・デュシャンが、ただ小便器を置いて、サインを書きつけ、『泉』と名付けた作品は、まさにシュールと言えるような表現となっている。

マルセル・デュシャン『泉』 1917年

シュールという言葉には、こうした芸術的な背景があり、日本でも、この言葉が芸術の世界やお笑いの世界を中心に「シュールな◯◯」というように形容詞的に使われる。また、日常的にも、「この状況、ちょっとシュールじゃない?」といったように、「不思議な」「奇妙な」「変わった」などの意味合いで頻繁に使用される。

それでは、果たしてお笑いにとって「シュール」とは、一体どういったものを指すのだろうか。

これは個人的な解釈になるが、日本のお笑いにおけるシュールの場合、余白や余韻、のようなものが、特徴としてあるように思う。

もちろん、ダダイズムや、ダリの絵画のように、不条理や既存の形の破壊を存分に詰め込んだ「動」のシュールもあるが、「静」のシュール、すなわち、「変な世界観のあとの静かな余韻」が、シュールと結び付けられることも多いのではないだろうか。

ちなみに、シュールの対義語として、ベタがある。ベタは、もともと「隙間なく並んでいること」や「一色に塗りつぶすこと」ということを意味し、「ありふれた」といった意味合いでも使われる。

よく耳にする「ベタ」という言葉を調べてみました。
順にあげてみますと、
①隙間なくものが並んでいること。
②印刷用の絵や漫画で一色に塗りつぶすこと。
③若者言葉として 「ひねりがなく、面白みに欠けること」とあります。

出典 : 今朝ひらいた言葉 「ベタ」

シュールに対して、ベタや王道、といったものが、反対側に位置すると考えられる。

ベタや王道が、リアリズム(現実主義)だとすれば、その対義語がシュールということになるのだろう。

もう一つ、今の話と関連するシュールの特徴として、ツッコミ不在、というのも挙げられる。

ツッコミの存在は、「現実」との橋渡し役をする。しかし、仮にツッコミという役割のひとがいても、ツッコミの形をなしていない(あるいは、軽い訂正程度でツッコミが弱めだったり、すかしが多用されたり、ボケがツッコミを無視してやりとりが成立しないなどの)ネタやコンビの場合、不思議な世界観が維持され、理性で割り切れない空間が立ち上がり、観客が、心のなかで「意味わかんねえよ」「なんじゃこりゃ」とツッコミを入れ、その意味不明さが、内側から笑いとして込み上げてくる。

これもまた、シュールな笑いの特徴の一つである。

こういう点から考えると、ある程度「現実」との接点が維持されている「漫才」よりも、最初から不思議な世界観を作れる「コント」のほうが、シュールなコンビやネタは多くなると思われる。

具体的に、シュールな芸人としては誰が挙げられるだろうか。

たとえば、個人的にシュール芸人の元祖という印象が強いのは板尾創路いつじ。また、その後のシュール芸人としては、さまぁ〜ず大竹、ふかわりょう、おぎやはぎ、バカリズム、劇団ひとり、といった面々がいる。

昔読んだ『さまぁ〜ずの悲しいダジャレ』はシュールだなと思った。

他にも、ラバーガールやスリムクラブ、野性爆弾、金属バット、天竺鼠、空気階段など、シュールな笑いと称されるコンビや芸人は決して少なくない。

シュールとは、というテーマで、ナイツの塙と東京03の飯塚が語っている『笑辞苑』も面白く、参考になる議論が行われている。

動画 : 【笑辞苑】東京03飯塚と語る!元祖シュール芸人は●●…!【ナイツ塙】

番組内で、飯塚は、東京03はシュールと思ってはやっていない、と語っている。確かに、東京03のコントは、変わった人物やシチュエーションではあっても、理性で割り切れない、ということはなく、あくまで現実に即した王道のコントという印象が強い。

また、シュールな笑いの起源として、最初に植えつけられたコンビは「ダウンタウンさん」だと飯塚は言う。

ダウンタウンの「花屋」のクイズネタの空気感、ボケツッコミというのではなく、変なことを言ったあとの長いというか、あれが一番最初に味わったシュールな気がする。(……)あんなひといなかった。(飯塚)

出典 :【笑辞苑】東京03飯塚と語る!元祖シュール芸人は●●…!【ナイツ塙】

マジカルラヴリーはシュールなのか、という問いには、大きく括ればシュールかもしれないけど、シュールとは言い難い、それは村上くんがちゃんとツッコミを入れるから、と飯塚は説明する。

塙も、一つの定義のラインとして、「ちゃんと代弁してくれる人がいるかどうか」というのが重要だと語る。

現実との接点、という話にも繋がるが、この代弁者がいないことで、不思議な空気感がふわふわと漂うことになり、その空気感そのものを、「シュール」と捉えている場合も多いのではないだろうか。

ただ、この空気感が、笑えるものかどうか、というさじ加減は難しく、この辺りが、シュールな笑いと、単なるナンセンスの違いとも言えるかもしれない。

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.