お笑いの雑学

コロチキ ナダルの本名と由来

コロチキ ナダルの本名と由来

2015年開催のキングオブコントで王者に輝いたコロコロチキチキペッパーズ(コロチキ)のボケ担当ナダルは、1984年生まれで京都府の出身。

変わった性格で、天然ボケも見られるが、プライドが高く、芸人にもかかわらずいじられることを本気で嫌がる。

ナダル、という名前はもちろん芸名で、本名は相浦秀樹あいうらひできと言う。

ナダルという芸名に関し、これまでナダルは、自分自身で名付け、バルセロナで活躍したサッカーの元スペイン代表選手のミゲル・アンヘル・ナダルに由来する、と説明してきた。

しかし、実際は相方の西野が名付けたことが判明している。

西野が、本名の相浦秀樹よりも芸名が必要だということでカタカナ三文字くらいがちょうどいいと「ナダル」を提案。

この際の由来は、テニス選手のラファエル・ナダルだと言う。

西野が、「ナダルでいい?」と尋ねると、「“ナダル”として活動したるけど、年下のお前が付けた名前で活動するのはイヤやから、俺が自分で付けたってことにするんやったらええよ」とナダル。

年齢はナダルのほうがだいぶ上だが、吉本養成所時代のランクはナダルがCで西野がAと、西野さんのほうが格上だったこともあり、内心ではナダルという芸名は嫌だったものの従う代わりに、自分で決めたことにさせてくれ、という約束だったようだ。

ちなみに、「やっべえぞ」「いっちゃってる」といったナダルの持ちネタも、西野考案である。

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.