お笑いの雑学

藤本(フジモン)軍団「マハロ」の意味

藤本(フジモン)軍団「マハロ」の意味

お笑い芸人の世界には、先輩芸人をリーダーとした様々な「軍団」があり、その一つにFUJIWARAの藤本(フジモン)をリーダー格としたフジモン軍団がある。

フジモン軍団は「マハロ」と呼び、正式名称は「(株)マハロ」と番組でいじられる(「株式会社マハロ」はフジモンの個人事務所で、店のひとに領収書をもらうときに笑われる、というエピソードを語っている)。

このマハロという変わった名前は、ハワイの言葉で、「感謝」「賞賛」「敬意を払う」といった意味があり、日常的な会話の際は、「ありがとう」を意味する。

マハロの綴りは「Mahalo」と書く。

分解すると、「Ma=in(のなかに)」「ha=breath(息)」「alo=front、face(〜の前に)」となる。

ハワイでは、「ha」が「呼吸、生命、魂、神の息吹」を意味し、Mahaloは、「あなたが神の息吹のなかにありますように」ということを表現している。

フジモン軍団の名前がなぜマハロなのかと言うと、そもそもFUJIWARAの藤本がハワイ好きであることに由来する。

マハロの主要メンバーには、後輩のとにかく明るい安村、パンサー向井、ジャンポケのおたけなどがいる。

マハロのメンバー

千鳥ノブ、かまいたち濱家、とにかく明るい安村、フルポン村上、パンサー向井、ジャンポケおたけ、デニス松下、コロチキナダル、ライス関町、GAG坂本など。

ただし、以前『ロンドンハーツ(ロンハー)』の企画で、慕っている先輩の一位に安村は有吉を、向井は又吉を、おたけは中川家の礼二をそれぞれ挙げ、その結果にフジモンはショックを受ける。

隠し撮りされた飲み会の席では、自分が死んで葬式の際は「1位、藤本」という紙を棺桶に入れて欲しい、そしたら天国で嬉しくて笑っているから、と愚痴を零していた。

お笑いの「軍団」「派閥」のメンバー一覧お笑いの「軍団」「派閥」のメンバー一覧 お笑い芸人の世界では、先輩芸人のことを「兄さん」と呼ぶように、家族のような仲間意識があり、一人...

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.