おすすめのネタ・芸人

おいでやすこがのネタの歌詞(「あの日のかな、それともこの日のやつかな」他)

おいでやすこがのネタの歌詞(「あの日のかな、それともこの日のやつかな」他)

M-1グランプリ2020の決勝ファーストラウンドで、お笑いコンビおいでやすこがが披露した歌ネタ。

ネタ内容は、ボケのこがけんが、カラオケに行ったときに歌っても、なぜか盛り上がらないので、自分の歌っている曲を聴いてほしい、という。

動画 : おいでやすこが【決勝ネタ】1st Round〈ネタ順5〉M-1グランプリ2020

その歌が、最初の入りだけ誰もが知っている有名な曲のようで、後半から絶妙に歌詞やリズムがずれ、ツッコミのおいでやす小田が動きも交えて激しく突っ込む。

以下は、ネタ中に披露された曲の歌詞である。

・アルコール除菌 消毒手洗い、リメンバー(『さんぽ(『となりのトトロ)』)

・見つめ合うときはビューティフルデイ 決まってビューティフルデイ(サザンオールスターズ『TSUNAMI』)

・あの日のかな それともこの日のやつかな(米津玄師『LEMON』) *「どっちなのかな、東のかな、それとも西のかな〜」がこの前にある。

・(世界に一つだけの花のイントロのあと)墓石を荒らす、ならず者たち(『SMAP『世界に一つだけの花』)

・(前奏は分からないと思うけど歌に入ったら分かると思うので、という注釈ののち)グッパイサンデー、ほら来たマンデー、休憩チューズデイ

他にも、大塚愛の『さくらんぼ』の替え歌っぽい曲。最後は、小田和正の『さよなら』をそのまま歌う。

歌詞と曲のずれ具合が絶妙で、また、こがけんの歌唱力が抜群で、普通に「歌がうまい」と評判(真面目に歌っている『さよなら』も美声が際立っている)。

こがけんのYouTubeチャンネル『こがけんチャンネル』では、星野源の『うちで踊ろう』で、ハモリをする放送回もあり、コメント欄に「うまい」という声も多く寄せられている。

【こがけん】星野源「うちで踊ろう」 星野源さんの歌に重ねて歌ってみた

ちなみに、このM-1の歌ネタで披露した「グッパイサンデー、ほら来たマンデー、休憩チューズデイ」の曲を、シンガーソングライターの岡崎体育がリメイクしている。

おいでやすこがの『GOOD BYE SUNDAY(岡崎体育カバー)』、だいぶ格好いい曲に仕上がっている。

追記

以下は、別の番組で披露された歌ネタの歌詞一覧である。

・となりのトットカルチョ 恋は駆け引きなのさ(『となりのトトロ』)

・どんなときも どんな日でも 僕の大切なハーモニカ(槇原敬之『どんなときも』)

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.