名言

ぺこぱの「ノリつっこまないボケ」と名言

ぺこぱの「ノリつっこまないボケ」と名言

M−1グランプリ2019で一躍注目の的となったのが、見事3位に輝いたお笑いコンビ「ぺこぱ」。

ぺこぱは、ボケのシュウペイさんが自由にボケたあと、外見がビジュアル系バンド風のツッコミ松陰寺太勇(本名、松井勇太)さんが、ツッコミを入れると思いきや全肯定で乗る、という斬新な芸風が特徴です。

ぺこぱ画像 : ぺこぱ サンミュージック公式サイト

この新しい形のツッコミを、M-1グランプリ審査員の松本人志さんは、「ノリつっこまないボケ」と命名し、高く評価。またオードリーの若林さんも自身のラジオで、感動のあまりM-1でぺこぱのネタを観ながら泣いたと語っています。

ぺこぱの「ノリつっこまないボケ」の特徴は、本来なら否定したり訂正したりする「ツッコミ」に対し、ボケに乗りつつツッコミを入れ、それがボケにもなっている、というものです。

この「ノリつっこまないボケ」のなかには、働き方改革や高齢者問題など社会派のメッセージの他、沁みる名言や印象深いフレーズなども数多く含まれています。

以下は、M-1グランプリで披露されたぺこぱのネタ中の名言です。

どこ見て運転してんだよって言えてる時点で無事でよかった
無事であることがなにより大切なんだ

二回もぶつかるってことは俺が車道側に立っていたのかもしれない
もう誰かのせいにするのはやめにしよう

知らねえんだったら教えてあげよう
知識は 水だ
独占してはいけない

俺がナビしてた時間返せよ、
って言って実際に時間が返ってきたひと
いないだろ?
できないことを求めるのはやめにしよう

休憩はとろう!
働き方を変えていこう!

ナスじゃねえとは言い切れない色合いだ

キャラ芸人になるしかなかったんだ!
なにかが欲しかった…

さっきとった休憩は短かった! 日本人は真面目で勤勉だけど休憩をとらなさすぎだ だから他の先進国に比べて労働生産性が低いんじゃないのか 働き方改革って法律でどうこうできる問題なのか! なあ、お前はどう思う?(うるさいなぁ!)お前よりはうるさい…

戻り方は人それぞれだ!

後ろに向かって喋った声が壁に跳ね返り
確実にみんなに届いてる

お年寄りがお年寄りに席をゆずる時代が
もうそこまで来てる

間違いは、ふるさとだ
誰にでもある

あの頃を懐かしがろう

先のことはわからない

命を守ろう

できないときはできないと言おう

他にも、合いの手のように松陰寺太勇さんが言う「ときを戻そう」や「悪くないだろう」も聞けば聞くほど癖になる魅力があります(個人的には「ときを戻そう」より「悪くないだろう」が好きです)。

ぺこぱのコンビ名の由来ぺこぱのコンビ名の由来 自由気ままにボケるシュウペイと、全肯定型の優しい「ノリつっこまないボケ」の松陰寺太勇(本名、松井勇太)のコンビ...

以上、ぺこぱのノリ突っ込まないボケと名言でした。

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.