お笑いの雑学

カミナリのたくみはバスケがうまい

カミナリのたくみはバスケがうまい

お笑いコンビ「カミナリ」のツッコミ担当たくみは、学生時代バスケ部に所属していた。

身長は160cmと、決して恵まれた体格とは言えないものの、中学時代には全国大会に出場するほどの運動神経の持ち主で、お笑いの世界だけでなく、芸能界全般を見渡してもバスケの実力は上位クラスだ。

たくみがバスケを始めたきっかけは4つ年上の兄の影響だったと言う。

兄が先にバスケを始めたことから庭にバスケットゴールがあり、兄と一緒に遊びながらバスケに親しみ、その流れから、小学校3年生のときにミニバスのチームに入る。

たくみが所属していたミニバスのチームは県大会で3位に入るほどの実力で、部活さながらの厳しい練習ではあったものの、チームがスローガンとして大切にしていたことは「エンジョイバスケットボール」。

勝っても負けてもバスケを楽しむ。この「楽しむ」という姿勢は、たくみにとってミニバス時代に培われた貴重な財産となったようだ。

一方、中学に進み、ただ楽しむということから、シビアな実力主義に環境が変わったことで、試合に出られない経験を積むなど、初めて本格的な悔しさも味わったと言う。

たくみが所属していたのは、茨城県鉾田市立旭中学校のバスケ部で、たくみの代は、茨城代表として平成15年度、第33回全国中学校バスケットボール大会(全中)に出場した。

たくみも、背番号6を背負って試合に出場し、全国大会で得点も決めている。

チームの成績は、一勝一敗で予選リーグを突破したあと、決勝トーナメントの一回戦で山口の長成に残念ながら破れている(とは言えすごい成績だ)。

試合の結果は、今でも全中のホームページに掲載され、旭中学の背番号6にたくみがいる。

たくみのポジションは司令塔のポイントガード。スラムダンクで言う宮城リョータのポジションである。

本人が自信を持っていたのはドリブルとパスとディフェンスで、シュートはそれほど得意ではなかったと言うものの、レギュラーとして出場し、3Pを3本決めている。

チームのプロフィールを見ると、当時のたくみの身長は153cm。

中学3年の平均身長が169cmであることを考えると、バスケ部で全国大会に出場する選手の身長としては、恐らくもっとも低身長の部類だと思われる。

身長の低さを凌駕するほど技術力や俊敏性に優れていたのだろう。

高校時代もバスケは続けたが、中学のチームメイトが強豪校に進むなかで、たくみは地元の鉾田一高にスポーツ推薦で入学する。

中学のチームメイトたちは、茨城でも有名な強豪校に進む人が何人かいましたが、僕はミニバスや中学の延長線上で、地元で楽しみながら続けたいという気持ちがあったんです。

それで、地元の鉾田一高に、バスケのスポーツ推薦で入りました。

高校でも、やっぱり卒業生や地域の人が教えにきてくれたりして。僕にとっては地元の温かさを感じられる環境が、バスケをしやすい環境で。

おかげで、のびのびと楽しみながらバスケを続けられました。

出典 : 石田たくみ(カミナリ)│バスケもお笑いも、自分にルールを課しながらチームメイトと楽しむ

たくみがバスケを通して学んだことは、①自分のルールをつくること、②物事に本気で取り組むこと、そして、③自分の得意なことを伸ばすことの3点だとインタビューで語っている。

① 自分でルールを決める

誰かに強制されるのではなく、自分で自分に「あの電信柱まで走る」や「ブランコからあの木を越えるまで靴を飛ばさないと帰らない」といったルールを課す。

そのルール自体を、遊びのように楽しむ。

② 挫折の経験

悔しさと、本気でやる、ということをバスケから教わったと言う。まだ芸人になってまもない頃、せっかく地元の友人たちがステージを観にきてくれたものの、一切ウケなかった。

幻滅されたのか、以来、地元の仲間が誰も来てくれなくなったことがあり、バスケ時代の挫折があったからこそ、そして、まなぶと一緒に楽しんで頑張ろうと思えたからこそ、芸人としての挫折も乗り越えられたと語る。

③ できることに集中する

挫折をしたら、自分には何もできることがない、誰にも敵わない、と思ってしまうこともある。でも、そんなときは、ひとまず一つ、できることからとことん練習してみること、とたくみは助言する。

たとえば、バスケならシュート。次にディフェンス。いっぺんに行うのではなく、まずできそうなことを一つ、とことん集中してやってみる。自分でルールを決めて、楽しみながらやってみること。

たくみにとってバスケというのは、芸人としても、人生においても、非常に学びの多いものだったようだ。

ちなみに、バッシュは当初ジョーダンなどを履いていたが、中学、高校はアシックスを履くようになったと言う。

それでは、現在のたくみのバスケの腕前はどうなのだろうか。

実際にバスケをしている動画があるが、この映像でも、キレのある動きや綺麗なフォームからの3ポイントシュートが見られる。

お笑いの世界でバスケがうまい芸人と言うと、「週8でバスケ」と豪語する麒麟の田村が有名だ。

その田村と、3on3で対決(「三井のオフィス スポーツフェスforTOKYO2020 3×3CUPエキシビジョン」)した際にも、カミナリのたくみ率いる「チームたくみ」が勝利。

田村は、「スピードが速くて、うまい」とたくみのバスケの実力を絶賛している。

カミナリカミナリ メンバー 誕生日 出身地 身長 ポジション まなぶ 1988年9月16日 茨城県 175...

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.