お笑いの雑学

カミナリのコンビ名の由来

カミナリのコンビ名の由来

カミナリは、ボケ担当のまなぶと、ツッコミ担当のたくみのお笑いコンビ。

まなぶとたくみは茨城県鉾田市出身の幼馴染で、コンビ仲もよく、もともと家族ぐるみで付き合いがある(というより遠縁の親戚でもある)。

身長が高いまなぶと身長の低いまなぶの凸凹漫才コンビで、茨城弁訛りと時間差を置いたどつきツッコミが、カミナリの芸風。

カミナリ「無人島に一つ持ってくとしたら」

中学時代、たくみが「一緒に天下をとろう」とお笑いの世界にまなぶを誘うも、当時まなぶはホリエモンに憧れ、六本木ヒルズの社長になりたい、と一度は拒否。

その後、高校時代にもう一度誘うと、今度は了承。

お互い大学に進学し、まなぶは二浪して早稲田に入学するも中退。たくみが卒業するタイミングでカミナリを結成する(2011年)。

事務所は、最初タイタンに応募するも、返信はなく、サンドウィッチマンに憧れていたのと養成所に行きたくなかったという理由からグレープカンパニーに所属する。

コンビ名は当初カミナリではなく、たくみが好きなヒップホップグループ「BUDDHA BRAND」に由来する「ブッダ」という名前だった。

しかし、半年ほどして作家さんに「ブッダで売れたら宗教色が強くて困るから、今のうちに変えた方がいいよ」と指摘され、改名することに。

新しいコンビ名は誰かにつけてもらおうと、まなぶの母親に尋ねると、まなぶの母に「カミナリ」がいいと提案される。

カミナリは、もともと「ブッダ」というコンビ名だったものの、売れたときに宗教色が強くなると困るから、と作家さんに指摘され、新しいコンビ名をまなぶの母親に決めてもらおうと尋ね、「カミナリ」を提案されたことに由来する。

なぜ、カミナリとなったのか、正確な由来は定かではないが、たくみは「きっとその日がたまたま天気が悪くてゴロゴロ鳴ってたんじゃないですかね」とインタビューで答えている。

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.