お笑いの雑学

宮下草薙と高校中退

宮下草薙と高校中退

お笑いコンビ宮下草薙の宮下と草薙の共通点として、「高校中退」が挙げられる。

ツッコミの宮下は、群馬県佐波郡玉村町に生まれ育ち、小学生の頃にはお笑いが好きで人気者だったものの、小学校4年生で喘息を発症。運動ができなくなったことや、両親が離婚したことをきっかけに性格が歪み始めたと言う。

小3ぐらいまでは、周りを笑わしているようなクラスの人気者タイプ。ただ、ぜん息もちで普通に運動ができなかったりとか、両親が離婚したりとかで、小4から、ゆがみはじめて。中学時代には、芸人のモノマネで笑いをとる同級生に「お前の手柄じゃねぇぞ」って文句を言うような嫌なヤツでしたね(苦笑)。

出典 : 若手芸人コンビ・宮下草薙、ブレイク前夜の心境は「どうなってもいいや」

その後、高校1年のとき、母親がうつ病を発症し、働かなければいけなくなったことから宮下は高校を中退する。

中退後は、当時の母の恋人である大工の棟梁のもとで働いていたが、母親がその恋人と別れ気まずくなったことから、父親のもとで仕事をしながら養成所の費用を貯める。

一方、ボケの草薙は、静岡県磐田市で生まれ、愛知県名古屋市で育つ。

小学校、中学校と大人しく、勉強も運動も苦手で、学校ではほとんど誰とも話さなかった。

高校は、入学式と身体測定の2日のみ登校し、中退する。

身体測定のときに「胸板が厚い」と言われ体型を軽くいじられたことから、いじめを恐れた、というのが中退の理由。

草薙は、高校中退後、警備員、ゴミ収集作業員、宅配など仕事を転々とする。

宮下草薙(みやしたくさなぎ)宮下草薙(みやしたくさなぎ) メンバー 誕生日 出身地 身長 ポジション 宮下 兼史鷹 1990年11...

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.