芸人のエピソード

宮下草薙の宮下、おもちゃ好きで得た称号「バトルトイグランドマスター」

宮下草薙の宮下、おもちゃ好きで得た称号「バトルトイグランドマスター」

若手お笑いコンビ宮下草薙の宮下兼史鷹けんしょうは、あまり知られていない趣味がある。

宮下は、その趣味を活かした仕事をしていきたいと語っている。その趣味というのが「おもちゃ」だ。

宮下はとにかくおもちゃが好きで、特に好きなおもちゃは、遊戯王カードやベイブレード、平成仮面ライダーシリーズのライダーベルトである。

芸人として売れ出す前に働いていたアルバイト先も、地元群馬のおもちゃ屋さんで、その店は全国からマニアが集まってくるような有名な店だった。

このおもちゃ屋さんには、「マスター制度」という認定資格のような制度があり、仮面ライダーやカードゲームなど各ジャンルのおもちゃごとに、「◯◯マスター」という肩書きがもらえ、手にすると売り場を任せてもらえる、という仕組みになっていた。

宮下は、12個ほどあったマスターの全てで認められ、もはや取るマスターがなくなるほどおもちゃに精通していた。

あるとき、宮下が店内に雑然と積まれたベイブレードを見ていると、結構レアな商品も紛れ込んでいることに気づき、一つ一つを梱包し直し、新しく売り場を設けた。

その結果、ベイブレードだけで一ヶ月の売り上げ100万円を叩き出し、店に貢献。

そのご褒美として、そのおもちゃ屋さんの店長が宮下のためだけに作った世界で一人だけの称号が「バトルトイグランドマスター」、通称BTGMだった。

一見するとおもちゃの資格か何かのように思えるが、実際は、このおもちゃ屋の店長によって与えられた勲章であった。

しかし、単なる飾りではなく、店長も「芸人にしておくのは惜しい」と宮下を高く評価し、称号のぶん、給料も昇給、社員と同程度の給料をもらっていたと言う。

ある日、店内で雑然と山積みにされていたベイブレードの在庫を見ていたら、けっこうレアなものがたくさんあることに気づいて、1つ1つ梱包しなおして、しっかり売り場を作ってみたんです。そしたらベイブレードだけで1ヶ月に100万円くらいの売り上げを叩き出してしまいました。その成果に対するご褒美として店長が僕のために作ってくれた新たな称号が、「バトルトイ・グランドマスター」でした。「芸人にしとくのは惜しい」と言ってもらえ、称号があるぶん昇給して社員さんと同じくらいお給料ももらっていました。

出典 : 遊戯王もお笑いも「後攻の美学」がある──「遊戯王」前編|BTGM宮下兼史鷹『芸人おもちゃ手帖』

宮下草薙としてテレビに出突っ張りの人気となった今でも、地元群馬に帰ったときは、お店に顔を出し、ときどき少し働かせてもらうこともあると言う。

このおもちゃ好きの趣味とバトルトイグランドマスターの実力を活かし、自身のYouTubeチャンネルも開設している。

動画 : 【ベイブレードバースト】火花散るスパーキングベイランチャーでベイバトル!!【宮下草薙】前編

宮下と草薙が楽しそうにベイブレードでバトルしている。

宮下草薙(みやしたくさなぎ)宮下草薙(みやしたくさなぎ) メンバー 誕生日 出身地 身長 ポジション 宮下 兼史鷹 1990年11...

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.