トリオ

四千頭身(よんせんとうしん)

四千頭身(よんせんとうしん)

メンバー 誕生日 出身地 身長 ポジション
後藤 拓実 1997年2月6日 埼玉県 165cm ツッコミ
都築 拓紀 1997年3月20日 茨城道 177cm ボケ
石橋 遼大 1996年9月13日 東京都 171cm 石橋

結成年 2016年

所属事務所 ワタナベエンターテインメント(公式サイト

主な受賞歴 M-1グランプリ準々決勝進出(2018年)、キングオブコント準々決勝進出(2018年)

四千頭身の画像検索結果はこちら

ネタの動画

経歴

お笑いトリオ四千頭身ツッコミ担当の後藤は、1997年生まれで岩手県大船渡市生まれ(育ちは埼玉県朝霞市)。高校時代、卒業間近で進路に悩んでいたとき、友人が後藤の名前でワタナベコメディスクールに応募。友人のノリだったが、後藤はそのまま入学。ボケ担当の都築(つづき)は1997年生まれで茨城県龍ケ崎市出身。高校時代は野球部。その他、バスケ、ギター、絵画、神社巡りなど多趣味で、音楽はRADWIMPS、BUMP OF CHICKENのファン。石橋担当(ボケでもツッコミでもなく石橋担当)の石橋は、1996年生まれで東京都出身。実践学園高校のサッカー部に所属。サッカーは小学校一年から高校三年生まで続けた。相撲にも詳しい。幼稚園の頃に、SMAP×SMAPのコントを観たことがきっかけでお笑い芸人を目指す。芸人では、もともとかまいたちや学天即など関西芸人が好き。四千頭身の三人は、2015年入学のワタナベコメディスクール22期生として出会う。2016年お笑いトリオ「四千頭身」結成。この年の暮れ、フジテレビ『新しい波24』のスペシャルで地上波初出演を果たす。同じ事務所の先輩ハナコと仲良し。トリオ仲もよいが、古くからの同級生というわけではない。お笑い第七世代。

トリオ名の由来

四千頭身(よんせんとうしん)というトリオ名は、後藤と石橋がプライベートで「写真で一言」という大喜利をしていた際、ドラゴンボールのシェンロンの写真に後藤が「四千頭身」と回答。これが石橋のツボにはまって大爆笑し、自己紹介のつかみになるのではないかと、試しにトリオ名にした、ということに由来する。都築の知らないうちにトリオ名が決まっていたが、都築も「格好いいじゃん!」と賛成。石橋が最初に考えていたトリオ名は「アフターストーン」。

結成のきっかけ

お笑いトリオ四千頭身の結成のきっかけは、ワタナベコメディスクール。2005年に三人が入学、同じ22期生で、スクール時代は当初都築と後藤が別の一人とトリオを組んでいた。その一人と都築が「おバカキャラ」でぶつかったことが原因で、トリオ解散。その後、後藤は石橋と漫才コンビを結成するも、漫才のツッコミが合わず、再び解散し、2016年秋頃に後藤は都築と組む。しかし、スクールライブに出るに当たり、トリオのネタしかないということから、余っていた石橋を誘い、急ごしらえで四千頭身結成。スクール卒業前の半年ほどは、解散するタイミングを計っていたものの、四千頭身でスクールライブに優勝し、卒業まで連続優勝、結果卒業後ワタナベエンターテインメントに正式所属になったため、解散するにもできなくなったと都築は語る。

芸風

トリオながら漫才が主。芸風は、日常会話のようなゆるいテンポで会話が進み、都築や石橋のシュールなボケに後藤がやんわりとツッコミを入れる脱力系漫才。ネタによっては石橋の台詞は少ない。ネタ中の空気感は昔のおぎやはぎを彷彿とさせる。

SNS

Twitter

後藤(@paiyu2

都築(@tzk0320

石橋(@jfbdei

Instagram

後藤(@ganjuke

都築(@tzk4000

石橋(4000ishibashi

公式YouTubeチャンネル

ライブで披露された漫才ネタの他、様々な企画も行なっているファン必見の四千頭身公式YouTubeチャンネル。毎週金曜日に新しい動画の公開予定。

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.