コンビ

かが屋

かが屋

メンバー 誕生日 出身地 身長 ポジション
加賀 翔 1993年5月16日 岡山県 174cm ボケ&ツッコミ
賀屋 壮也 1993年2月19日 広島県 178cm ボケ&ツッコミ

結成年 2015年

所属事務所 マセキ芸能社(公式サイト

主な受賞歴 キングオブコント準決勝進出(2018年)、ツギクル芸人グランプリ準優勝(2019年)

かが屋の画像検索結果はこちら

ネタの動画

経歴

実力派コントの注目コンビかが屋の加賀翔は、1993年生まれで岡山県備前市出身。

子供の頃からおばあちゃんの家に預けられて育った。その後一時期父親と暮らす(両親は小4のときに離婚)が、チャンネル権は父親にあったため、テレビはあまり見ていなかった。

加賀が初めて面白いと思ったのは、中学時代に観た『人志松本のすべらない話』。家族のことでこんなに笑えることに衝撃を受ける。

備前中学を卒業後、高校時代は友人のつくり方がわからず不登校に。スクールカウンセラーとのトラブルをきっかけに高校を中退する。

その後、スーパーでアルバイトをし、バイト先で知り合った先輩にギターを勧められたことから趣味としてギターを始める。

*ギターはあくまで趣味で、ネット上で挙がっている「ギタリストを目指して上京」というのは誤解と加賀本人が語っている。一方、昔のインタビューでこちらも本人が「岡山からギタリストを目指して上京」したと話している。

あるとき、お笑い好きの幼馴染に誘われ、大阪の吉本養成所NSCに入所(35期生)。しかし、一緒に入るはずだった幼馴染は直前で辞退する。

加賀自身、NSCに入ったものの漫才よりもコントがしたいと中退し、上京。

コンビニでバイトをしていたときに同じバイト先の賀屋と出会う。加賀は朝勤で、賀屋は夜勤だったので、店長の粋な計らいもあって一年後の忘年会で初対面を果たす。

賀屋は、1993年生まれで広島県出身。両親の離婚もあり、幼い頃から母の家で暮らす(加賀も賀屋もシングルマザー)。

目立つのが苦手で、なんでも「二番がいい」と言う少年だった賀屋は、幼稚園の運動会でもトップだったのを途中でわざと止まって二番でゴールするほどだった。

学校は、中高一貫校に通っていた。当時、賀屋の家は薪風呂で二日に一度しか入れなかったこともあり、女子から嫌われたと言う。

大学は東京学芸大学に進み、軟式野球サークルで活動。大学の夏休みが三ヶ月あり、その期間が暇だったことから映画やお笑いのDVDに観まくる日々を送る。

バナナマン、おぎやはぎ、ラーメンズなどのコントをずっと観ていた。

コンビニのバイトでは夜勤で、同じバイト先でも朝の賀屋と直接会うことはしばらくなかった。

その間、店長が、朝の加賀君は芸人らしいよ、お笑い好きらしいよ、と賀屋に伝え、色々な時間のシフトに入っている店長が情報の仲介をした。

さらに、店長が気を回してくれたのか、通常休みなしのコンビニで忘年会は難しいが、店長がシフトに入るだけでなく、派遣のひとまで雇ってバイトメンバーで忘年会をする時間を確保。

二人は会ったことのなかった「お笑い好きの例のひと」と初対面を果たす。

賀屋は人見知りだったものの、お互い徐々にネタを考え始め、2015年に「かが屋」を結成する。

かが屋は、無事事務所のオーディションに合格し、賀屋の大学卒業後(ちなみに賀屋は中学社会、高校公民の教員免許取得)にデビューする。

2018年、キングオブコントで準決勝進出、同世代の若手芸人たちからも注目され、『ゴッドタン』や『アメトーーク』にも出演する。お笑い第七世代。

コンビ名の由来

かが屋のコンビ名の由来は、それぞれの名前にある「加賀」と「賀屋(本名は賀谷と書く)」を繋げた言葉。

イントネーションは、「がや」ではなく、「かや」。

結成のきっかけ

アルバイト先のコンビニ(ファミリーマート)で、加賀が朝、賀屋が夜勤だった。

シフトの関係上、二人は互いに顔を合わすことがなかったが、店長が、「お笑い好きらしいよ」など互いの情報をそれぞれに伝えながら仲介し、一年後の忘年会で初対面。

忘年会当日は、なかなか話すタイミングがなく、人見知りで居心地が悪かった加賀が喫煙所に行ったときに賀屋も追いかけ、後ろから「バナナマン、好きなんだって?」と声をかける。

初めて話し、ああ、店長が言っていたひとだと加賀は思い至る。

以来、徐々に関係を深め、一緒にネタ作りをするようになり、2015年、お笑いコンビ「かが屋」を結成する。

芸風

芸風は漫才ではなくコントが主で、日常のささやかなおかしみを切り取ったリアルな“あるあるネタ”が多い。

言葉数の多さやオーバーなリアクションではなく、余白をたっぷり使った笑いも特徴的。

二人とも山陽出身のため、山陽地方の方言がときどき混じる。

ネタ作りについては、最初は加賀がアイディアの核を発案し、二人で話し合いながら実際に演じ膨らませる。

加賀の趣味が自由律俳句ということもあり、自由律俳句をもとにネタにしていく場合もある。

ネタは月に100本つくり、もしその月が99本なら翌月は101本つくるなどストイックにネタ作りに取り組む。

SNS

Twitter

加賀

賀屋(@kagayahirai

Instagram

加賀(@kagaya_kaya

賀屋

公式YouTubeチャンネル

冠番組のように二人きりのトークが堪能できるかが屋の公式YouTubeチャンネル。その他、ネタ動画については、マセキ芸能社の公式チャンネルでも数多くアップされている。

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.