芸人のエピソード

かが屋加賀、中卒(高校中退)の理由

かが屋加賀、中卒(高校中退)の理由

お笑いコンビかが屋の加賀(しゅっとした顔立ちと短髪が特徴)は、1993年生まれで、岡山県備前市出身。

子供の頃から祖母の家で暮らしたり、一時は父親と暮らしたり、また小学校四年生のとき、両親の離婚もあってシングルマザーの環境になるなど複雑な家庭環境で育った。

祖母は幼い加賀がリンスとシャンプーで化石をつくると言っても否定することなく協力してくれるようなひとで、周りに誰も止めるひとのない環境だったことから、常識の分からない少年だった、と加賀自身振り返る。

父親と暮らしていた頃は、テレビのチャンネル権が父親にあり、プロレスかF1ばかりの日々。

そのため初めてお笑い番組を観たのは『人志松本のすべらない話』。家族の話でこんなに笑えるんだと衝撃を受けたと言う。

中学校時代の加賀は、幼馴染の女子がヤンキーだったことから、ヤンキーの人たちとも仲良く、また自分の本来のポジションの人たちとも一緒にいるという「無敵」の状態だった。

ところが、中学卒業後、入った高校では幼馴染のヤンキーがいなくなったことで自力で友達をつくる方法がわからなかった。

その結果、高校時代は誰とも仲良くなれず、次第に学校を休むことも増え、引きこもりがちになっていった。

ある日、“不登校児のプロ”のスクールカウンセラーと面談した加賀は怒りの“事件”と遭遇する。

そのスクールカウンセラーに、「何が好きなの?」と尋ねられた加賀が、「お笑いが好きです」と答えると、カウンセラーは再び「そうなんだ、誰が好きなの?」と質問した。

加賀が「ダウンタウンです」と言うと、カウンセラーは途端に顔色を変え、「ダウンタウンなんて面白くない、ひとを傷つける笑いばかりだ」と批判した。

カウンセラーの態度に腹を立てた加賀は、「ダウンタウンの番組を観てるんですか」「ガキ使やダウンタウンDXは観てるんですか」と問い詰めた。

カウンセラーが「観てない」と答えると、「観てないくせに面白くないとか言うな!」と言い、学校を飛び出すと、そのまま不登校となり、高校を中退する。

その後、スーパーでアルバイトをするも、最終学歴が中卒というのは加賀にとってコンプレックスだったようだ。

吉本養成所NSC35期生として入学(NSCの同期にはゆりやんレトリィバァやガンバレルーヤがいる)、その後中退し、上京した際、アルバイトをしていたコンビニで出会った賀屋とコンビ「かが屋」を組む。

こうして本格的にお笑い芸人になってからも、コンプレックスゆえ高学歴なひとや面白いひとが大勢いるお笑い界で「新しいこと」「変わったこと」をしたい、「凄いな」と思われたい、という欲求に繋がっているとのこと。

一方、「嫌われたくない」という不安から、ネタが誰とも被らないような端っこを細々と歩くようなものを心がけていると言う。

かが屋かが屋 メンバー 誕生日 出身地 身長 ポジション 加賀 翔 1993年5月16日 岡山県 174...

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.