芸人のエピソード

かつて霜降り明星せいやがコンビ解散、引退を決意した理由

かつて霜降り明星せいやがコンビ解散、引退を決意した理由

今でこそお笑い第七世代として若手注目のコンビとなった霜降り明星だが、下積み時代は全く売れない日々も続いた。

まだ三年目でお金のなかった頃の霜降り明星のボケ担当せいやは、後輩のミキ亜生にファミレスのご飯を奢ってあげることもできず、自動販売機でカフェオレを買ってあげた、というエピソードがあるほどに貧乏だった。

苦しかった時代も乗り越え、人気芸人の仲間入りをした霜降り明星。

しかし、実は過去にせいやには、コンビを解散し、お笑い界を引退しようと決意した瞬間があったと言う。

それはせいやが22歳の頃。2015年開催のM-1の3回戦を終え、結果を待っていたときのこと。

霜降り明星の二人は、3回戦の反応に手応えもあり、今年こそ決勝に行ける、と意気込みも抜群。

もしこれで駄目なら諦めようか、と松屋で相方の粗品と話していた。

ちょうど結果を待っていたタイミングで、その「駄目ならやめる」という決意がいっそう固くなる出来事があった。

当時、仕事もそれほどなかったので暇な日も多かったせいやは、ある休日、当時付き合っていた彼女と朝からひらかたパークにデートに行った日のこと。

これから入園する、というときに、彼女が言った一言が次の言葉だった。

「子供ができたかもしれない」

遅れてるんだよね、と彼女は焦ったように言った。せいやも、その衝撃の告白と、M-1の結果が出ていない不安に、どうしていいか分からず、ひとまず彼女の健康も考え、その日のひらかたパークでは二人とも激しい乗り物には乗らなかった。

父親になるかもしれない、それなら尚のこと、今年絶対に決勝に行かないと。

そして夕方、コーヒーカップを降りたせいやの携帯電話に、粗品からLINEが届く。

「信じられへん」

粗品の言葉に、せいやも慌てて結果を確認する。霜降り明星、3回戦敗退。そのとき、引退しよう、とせいやは決断し、妊娠の可能性に不安になっていた彼女を安心させるためにも、彼女に、「俺、お笑いやめるわ」と告げる。

二人はその足で京都の山に行き、夜景を眺めた。ああ、俺芸人やめたんやなあ、とせいやは涙が溢れたと言う。

数日後、解散するなら、終わりもこの場所だろう、と粗品とコンビ結成して初めて一緒に酒を飲んだ場所でもある「酔虎伝すいこでん」で粗品と会い、霜降り明星の二人は泣きながら次の職業の話などもした。

しかし、せいやは、まだもう少しだけできることをやってみたい、足掻いてみたい、と考え直し、ボケとツッコミを交換(せいやがツッコミで、粗品がボケに)するなど試行錯誤を繰り返す。

彼女の「子供ができたかもしれない」という話も、実際は妊娠ではなかったそうだ。

その後、しばらく霜降り明星としての挑戦が続き、当時は最後のくだりで、「あちょー、カンフー炸裂、カンフー出さすな、なんなんじゃそりゃ」と締めるなど、地獄の迷走期間を歩む。

再びボケとツッコを戻し、「カラオケ」のネタで翌年M-1の三回戦を突破。この「カラオケ」というネタと、3回戦の突破が、迷走を続けていた霜降り明星の一番のターニングポイントだったとせいやは振り返る。

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.