笑いについて考える

M-1でナイツ塙が霜降り明星を選んだ理由

M-1でナイツ塙が霜降り明星を選んだ理由

2018年に開催されたM-1グランプリの決勝。

最終決戦に残った芸人は、ジャルジャルと和牛、そして霜降り明星という3組のお笑いコンビ。

最終決戦のトップバッターはジャルジャル。

漫才冒頭、「ジャルジャルで〜す!」と親指を立てて自分を指差す自己紹介の取り合い、というジャルジャルらしい発想力に飛んだネタを披露。

審査員の上沼恵美子、松本人志が笑っている様子がワイプに映る。

二番手は和牛。

親がオレオレ詐欺に引っかかったら心配だから、予行練習をする、というネタ。ボケの水田が、ツッコミの川西扮する母親に、息子本人が「俺」と電話し、お金を持ってきてほしいと頼む。

慌てて持ってきた母親に、「駄目やんか」と指摘する。シュールで演技力が問われるコント漫才。

そして、最後の一組が、若手コンビの霜降り明星。

霜降り明星は、小学校の思い出を題材にしたネタを披露。次々繰り出されるせいやのボケに、テンポよく粗品のツッコミが響き、観覧客の笑いも最高潮に達する。

発想力に富んでいたジャルジャル、技術や漫才の構成が素晴らしかった和牛。

しかし、結果的に優勝したのは霜降り明星。M-1史上最年少の優勝だった。

最終決戦の審査では、審査員のうち霜降り明星に入れたのが、オール巨人、中川家礼二、ナイツ塙、立川志らく。

サンドウィッチマン富沢、松本人志、上沼恵美子は和牛に投票し、わずか一票差という僅差で霜降り明星が優勝した。

時間の関係上、M-1の番組内では、それぞれの審査員の投票先の理由などは聞くことができなかった。

ナイツの塙は、その後に出版された著書『言い訳〜関東芸人はなぜM-1で勝てないのか〜』のなかで、霜降り明星を選んだ理由について、彼らには「強さ」があった、と解説している。

霜降り明星には、上手い下手では語れない、芸人としての「強さ」がありました。

強さ。

非常に曖昧な表現で恐縮なのですが、芸人を見ていると、そうとしか表現しようのない何かを感じることがあります。

出典 : 塙宣之(ナイツ)『言い訳〜関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』

霜降り明星には、芸人としての「強さ」があった。ナイツ塙は、この「強さ」にこだわっていると言う。

なぜかと言うと、その「強さ」が、自分にはないものだから。欲しくてたまらず、しかし、きっと未来永劫手に入れることができない。だから、敏感に感じ取ってしまうのかもしれない、と綴っている。

M-1の決勝、ファーストラウンドの霜降り明星のネタも、ナイツ塙は、審査員のなかで最高得点の98点を出している。

このときのコメントでも、「同じ芸人として、面白い面白くないではなく、強弱で言えば強い。圧倒的に強い人間がやっているなと。吉本の宝だと思います」と高く評価している。

別番組では、ナイツの土屋も、同じツッコミとして、粗品のツッコミを「発明」と称している。

土屋伸之(ナイツ)は「あのツッコミは発明ですね。漫画の吹き出しみたいに見ている人にわかりやすく、面白いツッコミ」、博多大吉は「粗品くんが同期なら、芸人をやめている」とべた褒めで、「ノンスタの石田くんがラジオで、霜降りはフリップ芸の進化版だと言ってた。前を向いて粗品がツッコんで、せいやは動くフリップ、これは新しい演芸なんですね」と考察していた。

出典 : オードリー若林『ドリームマッチ』で「春日と粗品が組むのが怖かった」「ズレ漫才なら勝てない」

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.