お笑いの雑学

M-1グランプリのぺこぱの得点と審査員のコメント

M-1グランプリのぺこぱの得点と審査員のコメント

M-1グランプリ2019で旋風を巻き起こし、見事優勝した「コーンフレーク」のミルクボーイ。

そして、もう1組注目を浴びたコンビが、「ノリ突っ込まないボケ」のぺこぱである。

ぺこぱはM-1の順番は最後で、もう大勢たいせいはだいたい決まったかな、と誰もが思っていたときに後方から一気に和牛を抜き去り(合計654点でわずか2点差のハナ差)決勝ラウンド進出を決めた。

登場シーンこそ、テンションが高いだけのキャラ物かな、と思ったひとも多かったかもしれない。

しかし、序盤の掴み、「かぶっているなら俺がよければいい」でちょっと違うぞ、となってからは一気にぺこぱの展開となった。

審査員も、最初は抵抗があったものの、どんどん大好きになっていった、とコメントしている。

以下は、Mー1グランプリのファーストラウンドのぺこぱの得点と、審査員のコメントである。

オール巨人 93点

〈審査員のコメント〉
志らくさんと同じで、最初こういうキャラは好きになれないと思ってたけど、どんどん好きに。あと彼らのM-1への心意気のコメントを前に読んで、今まで着物やローラースケートやったり、それを捨ててここにくると、その気持ちが嬉しいよね。

ナイツ塙 94点

〈審査員のコメント〉
着物のときも見てたけど、色々やって今ぺこぱの最終形。関西弁の三組のなかに入った、というのは凄いことだなと。

立川志らく 91点

〈審査員のコメント〉
最初見たときは私の大っ嫌いなタイプの漫才だと思ったら、どんどん好きに。点数は低めだが、ほんとは82、3点だったのが、ぐうっと上がって大好きになった点数。

サンドウィッチマン富澤 94点

〈審査員のコメント〉
会うたびに違うことやってるから迷ってるなあと。化粧は捨てられないんですね(笑)

中川家礼二 92点

〈審査員のコメント〉
面白かった。松陰寺くんのキャラはわかるけど、シュウペイくんのキャラがまだ固まってないのかなと、それがちょっと気になる。でも癒されますね。

松本人志 94点

〈審査員のコメント〉
ノリ突っ込まないボケ。新しいとこついてきたよね。和牛、破れる、という衝撃的。

上沼恵美子 96点

〈審査員のコメント〉
10組も見ると疲れてくるが、また活性化された。新しい、ツッコミ大好きなすび。すごく好き。

次に、M-1決勝ラウンド進出が決まったあとのぺこぱのコメント。

シュウペイ : M-1、始まるよ〜!!(今田「始まってますよもう!」)

松陰寺 : 一生に一度の思い出、一緒につくっていこう。どうもありがとう。(今田「さあ、どういう思い出に最終的になるんでしょうか」)

決勝ラウンドも同じテイストのネタで勝負したものの、残念ながら、ぺこぱは決勝ラウンドでは一票も入ることはなかった。

しかし、のちにラジオでオードリーの若林がぺこぱのネタに感動で涙したとコメントしたり、ぺこぱ風のツッコミを模した様々なツイートがつぶやかれたりと、ぺこぱは確かな爪痕をM-1グランプリに残したコンビとなった。

ぺこぱの「ノリつっこまないボケ」と名言ぺこぱの「ノリつっこまないボケ」と名言 M−1グランプリ2019で一躍注目の的となったのが、見事3位に輝いたお笑いコンビ「ぺこぱ」。 ...

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.