お笑いの雑学

M-1の採点結果とネタ順【2020】

M-1の採点結果とネタ順【2020】

結果

M-1グランプリの2020年の決勝は、昨年のミルクボーイのような特定のコンビの圧倒的な強さはなかったものの、それぞれが、そのコンビらしさを発揮した大会だったと思う。

審査員は、オール巨人、サンドウィッチマン富澤、ナイツ塙、中川家礼二、ダウンタウン松本、上沼恵美子。

以下は、M-1グランプリ2020決勝のファーストラウンドの審査員別の採点結果(順番は順位通り)となる。

M-12020 採点結果

ファーストラウンドの1位は、おいでやすこが。2位は、マヂカルラブリー。3位が見取り図だった。

審査員も、色々と判断が分かれていた模様で、ある審査員は得点が高い一方で、別の審査員は採点が辛口、ということも少なくなかった。

同様に、ファイナルラウンドの結果も、過去ないほどに分かれた。

M-1 ファイナルラウンドM-1グランプリ2020 ファイナルラウンドの結果

全体的に上沼恵美子が甘めの採点が多く(全員90点以上)、優しいコメントで、大会後に、野田クリスタルも「上沼さんに叱られる役割を担う引き継ぎ相手がいない」と語っていた。ファイナルラウンドでは、おいでやすこがを選出した。

ファイナルラウンドの結果

  • 巨人 見取り図
  • 富澤 マヂカルラブリー
  • 塙 見取り図
  • 志らく マヂカルラブリー
  • 礼二 マヂカルラブリー
  • 松本 おいでやすこが
  • 上沼 おいでやすこが

オール巨人は、むしろ一番冷静に採点し、他の審査員が点数が高くても、一人だけ点数を低くつけている、ということが目立った印象がある。特に、東京ホテイソンやマヂカルラブリーなどは果たして「漫才」かどうか、というのが重要だったように思える。その点で、見取り図やおいでやすこがを、漫才として高く評価したのだろう。

ダウンタウン松本は、ファーストラウンドの最高得点がおいでやすこが、決勝ラウンドでもおいでやすこがを選んでいる。

ネタ順

ネタ順や空気の流れも大事なM-1グランプリ、えみくじで決められたネタ順は以下の通り。

  1. インディアンス(敗者復活)
  2. 東京ホテイソン
  3. ニューヨーク
  4. 見取り図(ファーストラウンド3位)
  5. おいでやすこが(ファーストラウンド1位)
  6. マヂカルラブリー(ファーストラウンド2位)
  7. オズワルド
  8. アキナ
  9. 錦鯉
  10. ウエストランド

ネタ順のトップバッターは、しょっぱな敗者復活戦からのインディアンス。本人たちも待っているより出番が早いほうがよかったとコメント。ネタの勢いのまま、大会全体を盛り上げる。

上位陣が中盤に集まっているので、一通りの盛り上がりのあと、アキナの点数が伸びなかったことを、アキナ本人たちは「恥ずかしい!」と嘆いていた。

キャッチコピー一覧

M-1グランプリと言えば、紹介の際に流れるキャッチコピーもかっこいいと評判。

以下は、M-1グランプリの2020年大会ファイナリスト芸人のキャッチコピー一覧。

  • 東京ホテイソン 静ボケ剛ツッコミ
  • ニューヨーク ダークにリベンジ
  • 見取り図 真逆の才能Ⅲ
  • おいでやすこが 個性と技のハーモニー
  • マヂカルラブリー 我流大暴れ
  • オズワルド NEO東京スタイル
  • アキナ 覚醒するファンタジスタ
  • 錦鯉 おっさんずバカ
  • ウエストランド 小市民怒涛の叫び

個人的に好きなキャッチフレーズは錦鯉の「おっさんずバカ」と、ウエストランドの「小市民怒涛の叫び」。マヂカルラブリーの「我流大暴れ」もよかった。

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.