お笑いの雑学

MC横芸人とは

MC横芸人とは

MC横芸人とは、お笑いコンビオードリーのトークバラエティ『あちこちオードリー』で提唱された括りで、「MC横でMCの大御所芸能人との距離感を保ちながら、番組を上手に流すことなどを得意とする芸人のこと」。

MC横は、玄人にしか伝わらない繊細な気遣いや笑いのセンスが求められ、司会やスタッフからの信頼も厚くないと務まらないので、実力巧者の芸人が担うポジションでもある。

この『あちこちオードリー』にMC横芸人の括りでゲストに呼ばれたのが、陣内智則とバイキング小峠。

以下が、二人の代表的な「横仕事」になる。

陣内智則のMC横仕事

アッコ横、南原横×2、内村横、中居横、設楽横

バイキング小峠のMC横仕事

有田横、有吉横、南原横、Vtuber横

出典 : テレビ東京『あちこちオードリー』

二人の他に名前が挙がったMC横芸人は、ノブコブの吉村、南キャンの山里、大先輩でもある関根勤など。

MC横芸人の特徴として、根っからのいいひとであることや、粗探しをしないこと、司会者からも愛されることで大御所MCに対してもちょっと厳しいツッコミができること、また、スタッフ側としても、いい意味で気遣わずにMC横に選べる気楽さ、などが挙げられる。

MC横のコツ

番組内で二人が語っていた「MC横」のコツが以下の通り。

小峠

・あまり出過ぎない

MCがメインなので、MCより先に発言はしないで、仮に自分がちょっと変だなと思ってもいったんMCが何か言うのかを待ち、「出ないな」と判断してから言うように。

・自分だけは笑う

ネタ番組などで、スタッフや出演者が笑っていなくても、自分だけは笑ってあげよう、と思っている。

陣内

・ギリを探る

MCの大御所芸能人が、どこまで踏み込んでツッコミを入れてもいいか、ギリギリOKの部分を探る。ただ、MCは大抵もう大将で周りから言われることもなくなっているので、意外と踏み込んでいくと喜んでくれる人も多い。

・助けたい精神

誰かがスベりそうになったら、自分がなんとしても笑いにしたいという思いが強く、たとえ自分に対する雑ないじりであっても必死にリアクションをとったりツッコミを入れるように。

陣内は「ペッパー君横」まであった。「ペッパーは正直やりづらかった。ペッパーは間が悪い(陣内)」。

ただ、後輩芸人がMCで、その横を担うことに以前は陣内智則も葛藤があったと言う。

同い年ではあるものの芸歴としては後輩で、売れないときから一緒にいたブラマヨがM−1で一気にブレークした際、ブラマヨMCの横仕事が入ったときは、抵抗感があったそうだ。

しかし、今は、番組全体が面白くなるなら全然行きたいし、メインMCになりたいという時代もあったものの、この二、三年で、「MC横が自分の良さなんだな」と思うようになってきたと語る。

意外と深い、MC横の職人芸。

緩急をつけ、路線が外れ過ぎれば修正し、今どういう状態かという空気を読む察知能力やバランス感覚、MCとの信頼関係を築きながら、「おもんないねん!!」とふいに飛び込んでいく勇気と嗅覚、また「声」というのも「MC横芸人」の特徴かもしれない。

今田や東野も含め、MCの懐に入っていくときの声が、絶妙な高さで、本気で切りつけていきながら、決して切らない、という声や表情をしているような気もする。

おべっかを使うのではなく、適切な距離感で自立してMCと対峙しながら支える、真剣勝負のMC横芸人。意外と芸人だけでなくビジネスの現場でも重要なポジションとして今後注目されるようになるかもしれない。

ちなみに、小峠の相方西村は、焚き火横芸人として、広島のテレビ局で放送されている西村がただキャンプを楽しむという『西村キャンプ場』という番組が初回視聴率15%越。

ハイスクールマンザイ

ハイスクールマンザイは、2009年から行われている高校生のお笑いチャンピオンを決める大会。よしもとクリエイティブ・エージェンシー主催で、通称「H-1甲子園」。2008年までは「全国高等学校お笑い選手権 M-1甲子園」という大会だったが、2009年にリニューアル。第一回大会の決勝進出者には、現霜降り明星の粗品がいる(「スペード」というコンビで出場)。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.